今日は整骨院の日です-1

毎週火曜日は整骨院の日です。整骨院の後に、会社の社長さんや同僚の方と三人でランチを食べます。

今日は同僚の方が、叔父さんが亡くなられてお葬式に出席される為、ランチはまた来週です。

いま、整骨院が終わって帰りです。ホームで電車を待っています。

もう整骨院には1年以上通っていて、頻度は週に一度です。

一年前は、首が前傾状態で曲がってしまい、元に戻りませんでした。

2〜3年その状態が続いたと思います。もう諦めかけていました。

整形外科や他の整骨院や接骨院、カイロプラクティックなど何軒か行ったのですが、あまり効果なく行かなくなっていました。そんな時、今勤めている会社の近くに、社長さんも腰の痛みで通っている整骨院があるから、あなたもどうかと言われて通い始めました。

最初の2〜3ヶ月は効果が感じられなくて、止めようと思ったりしましたが、三ヶ月を過ぎるくらいから、なんか今までの首の痛みが少なくなってきました。それまで欠かせなかった痛み止めと、鎮痛薬が入っている湿布が徐々に要らなくなってきました。

途中でやめなくて良かったです。整骨院の治療は、ほんとに続けないと効果はわからないものだと思いました。しかも、先生の腕前が良くないといけません。

病院とかでしたら、効果はすぐに現れ、全然効かないか、効いて治るかというのか結構短い期間でわかりますけれど、整骨などでは、そうでないケースもある事を知りました。

時間をかけて徐々に治していったせいか、また、元のように首が曲がった状態に戻ったり、痛みがまた出てきたりという事はありません。

しかも驚くべきは、整骨院に通い始めて半年くらい経った頃からうつ病の方も良くなって、気分のアップ・ダウンの幅が前よりも狭くなってきて、安定するようになった事です。

整骨院の治療でリラックスできるからかも知れません。本当に体の力が抜けて、リラックスします。

今通っているところの先生は本当にいい腕だと思います。

紹介してくださった社長さんにも感謝です。

話は変わって私の妻のことですが、妻は幼い頃から側わんしようで、ずっと腰が痛い状態で、整形外科に通っても、カイロプラクティックに通っても、一時期は良くなるのですが、また、元に戻ってしまい、腰が痛いと言います。私も膝が階段を降りるときに痛いので、骨の痛みは少しはわかるのですが、腰痛は本当に辛いですね。

今は、整形外科に通ってリハビリを毎日か一日置きくらいにやっています。

5ヶ月ほど前に健康診査を受けたところ、高コレステロール、高中性脂肪、高血糖を指摘されて、食生活の改善を医師から強く勧められました。というより警告されたと言った方がいいかもしれません。かなり強い調子だったと妻は言っています。

それから、医師の指示に従い、食生活の改善と運動で体重を減らそうとしていて、夜近くの公園を散歩しています。食べ物も最初はにんじんりんごジュースだけでしたがそれで3キロ痩せたという事です。

毎日の夕飯を作っているのは私ですので、妻の食生活には私が責任者です。それまで私は買い物に行くと、豚肉のコーナーに行き脂身の多い、バラ肉を買い続けました。それは脂身は美味しかったからです。

でも、医師の指示が出てからは、ロース肉を買うようにしました。

もも肉だと、美味しくないので、ロース肉です。調理の方法によっては、もも肉を美味しく食べる方法があると思うのですが、私は、料理教室にも行ったことがなく、一人暮らししていた時の若かりし時の食事しか作ったことがないので、あまり優秀なコックとは言えません。

今や50代になり、その、若かりし頃の私のレシピは通用しなくなってきたのでしょう。

でも、やはり朝がジュースだけだとお腹が空きすぎてしまって力が出ず、ストレスも溜まりますので、その後はご飯少なめにして普通の食事を採っています。

私も高コレステロール、高中性脂肪で、心療内科の先生がコレステロールを下げる薬を出してくれました。今はコレステロールの薬を2種類飲んでいます。

お医者さんからは運動を勧められています。しかし勤務が在宅勤務なので、買い物か用事のある時しか、外にはあまり出ません。余談ですが、私が勤めている会社は事務所はなく、社長さんをはじめ、私も含めて三人いる社員は全員が在宅勤務です。

ですのでつとめて運動しようとしない限り、運動どころか、外を歩くこともあまり無くなってしまいます。同僚のうちの一人の方は、ジムに通っています。

毎週火曜日は、先に述べました整骨院とその後、会社の社長さんと同僚の方とのランチがあります。

今日は、先に述べた同僚の方の都合で、ランチはありませんでした。

整骨院がうつにもいい影響を与えているのは事実です。私が考えたことですが、整骨で体をほぐしてもらって、気持ちがとても落ち着き、リラックス感があるのが、うつにとってもいい影響を与えているのだと思います。薬でリラックスさせるのではなく、自然なリラックス感が良いのだと思います。

おかげさまで、ここ半年以上、診察に行ってもお医者さんに調子がいいということが言えるようになりました。

以前は、行くたびに問題を話していましたから大変な変わりようです。

まさか、整骨院で精神的な面まで良くなるとは全く予想もしてませんでした。

今日も無事にいってこれて、リラックス感がまだ続いているのを感じます。

社長さんのお陰で、とてもいい先生に巡り会えて本当に良かったです。

アニメ映画「この世界の片隅に」を3回レンタルしました。アマゾン・プライム・ビデオにて

映画「この世界の片隅に」あまぞ㎜・プライム・ビデオ詳細画面

すずさんを見たくて、またまたアマゾンでレンタルしました。

なかなかこれだけ気に入った映画も私には稀なことで、最近購入した映画はトム・ハンクスの「ターミナル」です。

もしかすると、「この世界の片隅に」も今度の給料日に購入するかもしれません。それだけ気に入っています。

後で知ったのですが、「この世界の片隅に」は以前にも何度かドラマ化されたり、映画化されたりしたことがありました。

それだけ、すずさんの生き方に共感を覚える人が多いという事だとおもいます。

戦時中の日本人の生活を、このように描く作品は少ないとおもいます。私にとっては初めてのことです。

戦時中だからといって、人間は毎日生活していかなければならなくて、厳しい環境でも、なんとかやりくりしていきていこうとする姿がとても印象的でした。

もう一つ、私がこのアニメを気に入っている理由は、のんさんがすずさんの声優を務めていることです。

彼女の声はとても親しみがわき、主人公の感情表現がとても良くなされていると思います。本当にぴったりとしています。

のんさんが声優でなかったらここまでこの映画を好きになれたかわかりません。

本当にのんさんの声の演技は素晴らしいです。

永久保存版に取っておきたい映画です。

今日はボランティアの日でした。

今日は支部で事務ボランティアを行わせていただきました。

支部長はじめ皆さんとお会いできて、とても良かったです。

いい刺激になりましたし、とても充電させていただきました。

ボランティアの方も、同僚の方からいろいろ新しい情報を教えてもらえて良かったです。

お陰様で無事に終わりました。

支部に週に一度でも行っているといいリフレッシュになります。支部のみひかりもいただいてきました。

早速帰って晩御飯の支度をして、夕飯までアマゾンでレンタルしたこの世界の片隅でを観ようと思います。

この世界の片隅に を観ました

「この世界の片隅に」というアニメ映画を観ました。

のんさん(能年玲奈さん)が声優を務めておられることは知っていましたがこの映画だったとは知りませんでした。

主人公のすずちゃんの性格が朗らかで、そしてアニメのタッチがまるで絵本のように柔らかく描かれていて、そして話し言葉が広島弁の柔らかさのおかげで、時に過酷な状況を描く映画ですが、救われる気持ちがいたしました。

一人のすずという女性の生き方を通して、戦時中の日本人の生活の様子が伺えました。

この映画、アマゾンプライムビデオでレンタルして観たのですがすずさんがまた観たくて、再びレンタルしました。

普段朗らかなすずちゃんも、時にみせる悲しみや、怒りの感情が忘れられません。

戦争に負けた日のすずちゃんの感情表現が忘れられません。

でも、それでも、前向きにいつも通り生きていこうとするすずさんが、この物語を決して悲劇だけで終わらせない映画でした。

むしろ、全編にわたって朗らかな映画でした。

とこについて、眠る時に音声だけを聞いていても安心して眠りにつけます。

「君の名は」を観ました

とても有名なあの「君の名は」を観ました、

とても爽やかな気持ちにさせてくれる映画でした。

普段あまりアニメは宮崎駿監督作品以外は観ないのですが、2日ほど前に、オススメえいがをインターネットで調べたときに、ウォッチリストに入れていて、今日何気なくウォッチリストを見たら、有名な映画だし、たまにはジャンルの違う映画でも観てみようかななとという軽い気持ちであまり期待しないでレンタルしました。

始まりのところは、えいが「時をかける少女」のような、不可思議な現象が起こる映画なのかなと思いました。

でも物語が進むにつれ、切なさと、愛らしさ、愛おしさを感じてきました。

途中で、物語の筋書きがわかる頃になると、もう映画に引き込まれていました。

観終わった後こういう気持ちになるのは、久しぶりの事です。

最後の一瞬のラストシーンは一生忘れないものになりそうです。

岡村孝子さんの曲が好きです

高校生の頃から岡村孝子さんの曲を聴いています。

当時好きだった曲はTODAYでした。今でも変わりません。

岡村孝子さんのアルバム「SOLEIL」iPhoneミュージック画面

あれから随分と月日がたちましたが、今でもTODAYが一番好きなのは変わりません。

でも今は、岡村さんの曲はどれも好きになりなりました。

岡村孝子さんの曲はメロディーも癒されますが歌詞も女性の気持ちをわかりやすく表現していてすごく共感できます。

岡村さんのCDのジャケットには、OLの教祖的存在と書いてありますが、確かに女性の気持ちを赤ららに表現されています。

この点が、私が若かった頃と今とで、曲を聞くときに着目する点が異なっているところだと思います。

若い頃は、メロディの方を重視していたように思いますが、この歳になって、歌詞の方により共感というか、素晴らしさを感じるようになりました。

とても心が澄み渡るような歌詞だと思います。

素敵な歌詞です。そしてそれはメロディととてもマッチしていてより岡村さんが曲に込めた思いを感じ取る事ができるようになったと思います。

夜眠るときには、必ずと行っていいほど、岡村孝子さんの曲をアイフォーンで聴きながら寝ます。

子守唄ですね。

とても心地よく眠りに入れます。

岡村さんの曲はアマゾンのプライム ミュージックでもプライム会員なら聞く事ができますので、また、CDで聴くのとは違った感慨があります。

最新アルバムのNo Rain No Rainbowは大好きです。アマゾンでも聴けますが、私はCDを買いました。

音質がCDからアイフォーンに入れた方が良いような気がします。

でもアマゾンでは、アルバムを持っていない曲も聴くことができるので、本当に助かっています。

それでは、もう寝ますので今日はこれで失礼します。おやすみなさい。

アマゾンのウェブサービスを申し込んでからひと月半になりました。

昨年の12月25日にアマゾンのウェブサービス(AWS)を申し込みました。

最初は何が何だかさっぱりわからないまま、色々設定してました。

その結果、無料利用枠を1日にして使い果たしてしまったり、よく知らないのにホームページをS3というファイル保管サービス(ストレージ・サービス)で開設したりもしました。

初めてのクラウド ストレージサービスである意味興味津々で、いろんなことをやってみました。

アマゾンのAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)は料金体系が非常に複雑で、一般のGoogle ドライブやOneDrive などとはまったく違っています。

よく使った分だけ払うという言葉は有名ですが、本当に使った分だけというか使った分は払わなければならないという感じです。というのは、たくさん使えば、非常に高額になることを意味しています。

一年目は無料利用枠がありますが、私はちょっと、初めての体験だったので、色々いじってみたら、1日経たずして、無料枠は使い切ってしまいました。

あるブログで読んだのですが、AWSのようなクラウドサービスは個人用には向いていないという事でした。
そればかりでは無く、会社が使うにしても、コスト削減のためにクラウドサービスを使うのは間違っていて、コストが安くなるどころか、逆に高くなるケースが多いのてコスト面だけを考えるのならば、AWSのようなサービスはやめた方が良いということが書かれてあって、私は、少々ショックを受けました。(該当のブログは以下URLです。

参照サイト:「クラウドコンピューティングは安上がりではない:栗原潔のテクノロジー時評Ver2:オルタナティブ・ブログ」

URL:http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2009/01/post-3c62.html

たしかに、アマゾンでは5ギガバイト預けて半月で250円程かかりました。
別に契約しているOneDrive(ワンドライブ)は50ギガバイト保存して月に税込249円です。

AWS での料金はファイルの保管料の他に様々なコストがかかることが要因だとわかりました。少額ではありますが、クラウドの方が1ギガバイトあたりのコストは先のブログのように高くつきました。

ただし、クラウドサービスは奥が深く単なるファイルを保管するだけのストレージサービスではないので、クラウドの仕様は慣れるまで複雑に感じますが、少しずつ学んでいけば、クラウドサービスをどう使えばいいのかがわかるような気がします。

少し長い目で見ることにしました。

今は、月1ドルでファイル暗号化サービスを契約して、ファイル容量は小さいけれども、大切なファイルのみを少量預けています。

アマゾンのAWSのようなクラウドサービスにはとても興味があります。クラウドにはサーバーの能力を、その時々の負荷によって、上げたり下げたりする機能があります。ファイルを保管するサーバーは世界中に十数箇所あって、通常は三つのサーバーに同じものが保管されています。

その他にもクラウドならではの機能は多いと思います。

それを知りたいと切に思います。

AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)は、巷のレンタルサーハーよりも割高になる可能性あり

最初に記事の引用をさせていただきます。(以下)

最も安いEC2インスタンス(t2.micro)でもさくらのVPSと比べると月額費用が二倍以上になってしまいます。
さらにAWSではディスク容量をEBS(ブロックストレージ)で確保する必要があり別料金がかかります。また転送量(Out)も従量課金で、大体1GB/日ぐらいのトラフィックがある当サイトではなかなかの負担になってしまいます。

引用元「AWSは個人利用には向いていない件」

URL: http://grum.hatenablog.com/entry/2016/07/05/004451

私もAWSやクラウドに興味があり、ひと月前くらいに、AWSを契約してみました。

AWSのS3というサービスはストレージサービスでファイルを保管しておくことができます。

AWS以外にもOneDrive (ワンドライブ)というマイクロソフトが提供するファイル保管サービスを申し込んでおります。月249円の個人用50ギガバイトプラン です。

二つを比べてみると、まず価格ですが、アマゾンのAWSは、保管のタイプや閲覧、削除した容量、その他複数の要素によって変わってきます。私もまだ始めたばかりで、この複雑な料金体制についてわからないことだらけです。

要はAWSは保管料金以外にも料金がかかるという事です。

その点、OneDriveは月額料金の249円を払えばそれ以上の請求はありません。保管のタイプも無ければ、閲覧容量(回数)が大きく(多く)ても、ファイルを削除しても追加料金が発生することがありません。

先程AWSの保管タイプについて書きましたが、最も標準のタイプから、預けておく料金は安いけれども、90日間預けておかずに削除したりすると日割り計算で結局90日分の料金を支払わなければならなかったりするそうです。1ギガバイトあたり0.01ドルがかかります。

いまだに私はAWSの料金体系についてあまり理解していないのですが、実際に使ってみてまだ日が浅いですが、結構割高になるという事だけはわかりました。

普通のストレージサービスのようにパソコン内のファイルをたくさん保存する目的でしたら、アマゾンのAWSではなくマイクロソフトのワンドライブやワンドライブ フォー ビジネス、そしてグーグル ドライブの方が明らかに安いし、精神的な安らぎを得られます。いつどのような形で料金が発生するかわかりづらいからです。

AWSはファイルを預けてなくとも、ログを取るための機能が有効になっていたりすると、それだけで、大量のログファイルが蓄積されて、料金が発生します。

本当にAWSは油断も隙もないというか、いつも料金を見てないと、安心できないような感じです。

まだ使い始めなのでわからないことが多いということが原因ですので、ちょっとだけ預けて、慣れるまで使いたいと思います。

AWSのような新しいWEBサービスに、とても興味があるからです。

ジャンヌダルクを観ました

アマゾンプライムビデオでレンタルして、ジャンヌダルクを観ました。

なかなか観ようとはいままで思いませんでした。

というのも、最後火あぶりになって処刑されてしまうことが分かっていたからです。

観なくともとても有名な話ですから。
フランスのために神の御告げを知らせて当時の敵国のイギリス軍を何度か破った英雄ですが最後はフランス国王に裏切られて、処刑されてしまう話です。

どう考えてもハッピーエンドとは思えませんでした。(基本的に私はハッピーエンドの映画しか観ません)

でもなぜか気になっていて、妻の話を聞いて、一度は観ておこうと思い立ちました。

でもやっぱり、最初からしてお姉さんがイギリス軍の兵士に乱暴されて殺されるというシーンは残酷でした。

戦争中なので珍しいことではないかもしれませんが、やはり頭からそのシーンが離れません。

ジャンヌダルクはとても神に忠実で、1日に何度も教会を訪れて告白をします。

自分が罪を犯したと思うたびに、教会を訪れて、神父様に聞いて許しを請うのです。

とてもけいけん深い信仰者でした。

この映画を観て、政治の怖さも知りました。

必要な時だけジャンヌダルクを利用して、必要がなくなるとあっさり捨てるというやり方は、現代の政治にも当てはまると思います。

政治の世界はいつの世も同じのようです。

私は政治には詳しくないのでこれ以上深入りしません。

映画の処刑の前にも出てきた使者は果たして天使なのか悪魔なのかわたしには区別がつきませんでした。

でも、ジャンヌダルクはその使者に告白をします。今まで何度も他の司祭に告白したいと訴え続けてきましたが誰一人として、告白を聞いてくれる司祭や神父様はいませんでした。

ただ皆が敵だったとは言えない事も事実です。

ある司祭様は何とかジャンヌダルクを救おうと、手を差し伸べますが、ジャンヌは決して自分に妥協する事なく、最期までその意思を貫き通したのです。

これはある意味ソクラテスと同じ面があるかもしれません。ソクラテスも周りの何とか救おうとする人々の助言を聞き入れず、自らの意思を貫き通して毒杯を煽りました。

宗教にはこうしたこの世的な道理が通じないところがあると思いました。

岡村孝子さんのファンです

もう寝るところです。

子守唄がわりに岡村孝子さんのNo Rain No Rainbow(ノーレイン ノーレインボー)を聴いています。

高校生時代からのファンです。

きっかけは、高校時代の友達がCDをくれたことでした。その時は、ビートルズのCDもいただきました。

特に、ノーレイン ノーレインボーとTODAYがシングルでは好きです。他の曲も岡村さんが作詞した歌詞が大好きでとても聴いていて心地がいいです。

最新版CDのDO MY BEST Ⅱももちろん買いました。岡村さん自らの選曲なんですよね。

CDをiPhoneに取り込んで聞いていますが、アマゾン・プライム・ミュージックでも聴けます。

今はアマゾンの方で聴いています。

アマゾンで聴けば、もしかしたらその再生したことによって、岡村さんに印税が入るかもと思ったからです。

プライムミュージックでは、日本のアーティストが曲を提供していない場合が多いのですが、岡村さんはアルバム、シングル共にたくさん提供してくださっています。

とても感謝です。

岡村さんのお声が年齢と共に少し変わってきていることに気がついたのですが、今のお声は益々良くなってとても好きです。昔は昔て良かったですけれども、どちらかというと今のお声が好きです。

それではおやすみなさい。