ネットフリックス...やはり一旦サービス利用停止します。

ネットフリックスのトップ画面
ウィキペディア「Netflix(ネットフリックス)」

先月の22日に申し込んだ、動画配信サービス(インターネット回線を使った、定額制の映画・ドラマ配信サービス)をやはり一旦サービス停止することにしました。

サービス停止と解約は同じようなものに感じますが、少し違いがあって、

解約はアカウントと呼ばれるそのサービス内で使えるパスものようなもので、東京で言えば、東京メトロのパスモやJR東日本のスイカなどの電車を利用するときに改札を通ることのできるものに例えることができ、

それらのカードを東京メトロやJRに返してしまうことに似ていますが、

サービス停止の方は、パスモやスイカは持ったままですが、チャージはせず残高がゼロの状態のまま持っているようなものです。

どちらの場合も電車やバスに乗ることはできませんが、パスモやスイカを持っていて残高がゼロ円の場合には、駅やバスの中でチャージすればすぐに使えますが、解約にあたるパスモやスイカを駅に返してしまった場合は、また初めからパスモやスイカを駅で申し込むことから始めなければならず、少し手間がかかります。

ちょっと回りくどくなりましたが、ネットフリックスの会員ではあるのですがサービスは受けられない状態がサービス停止です。

理由はこうした動画配信サービスに複数登録していて、ちょっと見切れないということが大きいです。

現在わたしが登録している動画配信サービスは、アマゾン(プライム)ビデオとNHKオンデマンド、そしてユーチューブ・プレミアムです。

音楽配信では、ユーチューブ・プレミアムに入ると別料金を払わずに聴けるようになるユーチューブ・ミュージック・プレミアムがあります。

仕事でアップルのアプリ作りをしていると結構時間がかかって、あまり映画やドラマなどを見たりすることができないので、たくさんサービスに申し込んでいても、十分に活用できていないということもあります。

ネットフリックスのサービスに不満があってサービス停止するわけではありません。

むしろネットフリックスのサービスはとても良いです。

新作や人気作品こそ数が少ないものの、質の高い自社制作の映画やドラマ、そしてワーナープラサーズやフォックスなど他社が作ったある程度旧作品ですがそのラインナップの質の高さは、ひと月という短い期間の利用でしたけれども、とても感じました。

さすがは世界最大手の2017年末の時点で世界180国に配信サービスを提供している動画配信サービスのことだけあります。

自社制作のドラマなども、ハリウッド並みの映画制作プロダクションを持っているのではないかと思うほど、そのクオリティの高さは感じました。

ただし、やはりお金はなるべくかけないようにしていることはわかります。ワーナーブラザーズなどが作るような、豪華キャストやCGの多様(CGとは大変高価なコンピューターで人工的に作り出す映像のことです)はないようです。

私が観たシークレットシティも大掛かりな舞台装置や有名俳優の出演などはなく、私が知っていた女優さんはかつてアメリカのドラマ「フリンジ」に出ていた、アナ・トーブさんだけでした。

大規模な爆発などのシーンやCGを使った映像もなく、舞台となるのはオフィスや民家、車の中などです。

私はまだ自社制作映画を見終わったのが1本と見始めたのが1本あるだけなので、あまりネットフリックスの自社制作ドラマについていいか悪いかを語れる立場にはないのですが、とても練りこまれたシナリオとお金をかけていない地味さが気にならなくなるくらいの物語の演出でその1本と今見始めた1本は面白いです。

そして、そうした自社制作映画を作るという予算が結構かかることをしていても、画質が一番低いプランで月額税込880円は安いと思いました。

先日観た「しあわせの隠れ場所」というサンドラ・ブロックさん主演の映画はとても面白かったですし感動しました。

サンドラ・ブロックさん主演の「しあわせの隠れ場所」

下世話な話ですが、ネットフリックスでは追加料金無しでこの映画を見ることができましたが、アマゾン(プライム)ビデオではレンタル代299円かかります。

ネットフリックスでは、配信している映画やドラマはすべて無料で、たとえお金を払ってみたくともそういう有料の作品というものをそもそも扱っていないので有料レンタルして観ることはできません。

すべてが無料なので、映画配給会社から放映権を買い取るときも新作の映画やディズニーアニメなどや有名俳優さん、女優さんが出ている放映権の料金が高そうな映画やドラマは元から配信されていません。

ジェームス・キャメロン監督の「アバター」を探しても、シガニー・ウィーバーさん主演の「エイリアン」を探しても、「アナと雪の女王」を探しても出てきません。アーノルド・シュワルツェネッガーさんの作品はかろうじて4作品観ることができ、その中の一つが「ターミネーター3」です。

説明が長くなってしまってすみません。

でも、冒頭でも述べたように利用停止ですから、ボタン一つ押せばまた観ることができるようになります。

実はネットフリックスに申し込んだのは2度目です。両方の時もお試し期間が1か月くらいあるだろうとろくに確かめもしないで登録したのですが、それは間違いで、ネットフリックスのお試し期間の制度は、昨年末で終わりました。

ですので会員登録してお支払方法を設定すると初めから有料です。

私は2度間違ってしまいました。

でも2度あることは3度あるといいますから、遠からずまたネットフリックスの戻ってくるのかもしれません。

それはまだわかりませんけれども。

via PressSync

投稿者:

cabbage770

犬が大好きで、以前10年ほど前でしょうか、妻の実家から引き取ったゴールデンレトリーバーのメス(10歳)を飼っていました。ラウラという名前です。ラウラという名前はイタリア人の名前です。妻が幼いころ、父親の仕事の関係でイタリアに住んでおりました。 もう10歳で老犬でしたから、普段はいつも横になっていました。でもお散歩の時になると別人(別犬)のように元気になり、公園の猫のえさを食べてました。だめだといってもすきを見ては食べていて、それがラウラの一番の楽しみのようでした。 もう昔のことですが、また機会があったら犬を飼いたいです。できれば大型犬がいいですね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください