シュガーラッシュ オンラインを観てました ディズニーアニメ映画です

以前映画を観に行ったときに、予告編で観て面白そうだと思った「シュガーラッシュ オンライン」がレンタル開始になったので、早速アマゾンプライムビデオで観てました。

一言でこの映画を表現するならば、主人公の9歳の女の子ヴァネロペと大きな体格のオジサンキャラのラルフとの友情を描いた映画です。

劇中、ディズニーアニメ映画のプリンセスたちが勢ぞろいします。まさに圧巻ですね。

映画はインターネットの世界を表現していて、その中には、普段見慣れたインターネット関連会社がこれでもかと出てきます。グーグル、ツイッター、アマゾンなど他にも出てきます。

日本でもお馴染みの会社がたくさん出てきますよ。

日本では馴染みのない会社も出てきます。バズ・チューブという動画投稿サイトもそのうちの一つかもしれません。バズ・チューブは日本で有名なユーチューブと同じ動画投稿配信サイトの会社です。でも、アメリカではユーチューブよりも人々になじみ深い会社のようです。

バズ・チューブは物語の進行に大きな役割を果たします。

そしてイーベイ(ebay)というインターネット・オークション会社は、主人公の9歳の女の子ヴァネロペと親友のラルフが目的の品物をオークションでせり落とすというインターネットの世界へ入る動機付けになった会社です。アメリカでオークションサイトといえばebayとあまりにも有名な会社です。

日本でいえばヤフオクみたいな会社です。

このような実在のインターネット関連会社が出てくることで、おなじみの会社が出ている安ど感と物語の真実味が増しています。

さすがはディズニー作品、エンターテイメント性はピカイチですね。

面白いです。

観ていて飽きさせません。次から次へと見せ場が登場します。

インターネットへの入り口がWi-Fi(ワイファイ:
インターネットへ、無線を使ってワイヤレスで接続できる機器および手段)というのも、アメリカのWi-Fiの普及が進んでいることを物語っています。

シュガーラッシュという(日本製)レーシングゲームのキャラクターのヴァネロペ(9歳の女の子でありプリンセス)とゲーム中のなんでも壊す悪役キャラのラルフとの友情を描いた映画です。

一見正反対に見える二人が、親友というのも意外性があってそれがこの物語の面白さの原点のような気がします。

さて結末はどうなるのか?私もまだ観ていないのでこれから観たいと思います。

念願の映画のシュガーラッシュ オンラインを観ることができて嬉しいです。

投稿者:

cabbage770

犬が大好きで、以前10年ほど前でしょうか、妻の実家から引き取ったゴールデンレトリーバーのメス(10歳)を飼っていました。ラウラという名前です。ラウラという名前はイタリア人の名前です。妻が幼いころ、父親の仕事の関係でイタリアに住んでおりました。 もう10歳で老犬でしたから、普段はいつも横になっていました。でもお散歩の時になると別人(別犬)のように元気になり、公園の猫のえさを食べてました。だめだといってもすきを見ては食べていて、それがラウラの一番の楽しみのようでした。 もう昔のことですが、また機会があったら犬を飼いたいです。できれば大型犬がいいですね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください